TAKANORI OKAZAKI OfficialWeb/北海道の釣り人×クリエイター|lazil

- 岡﨑貴憲について -

北海道×OUTDOOR

壮大な自然に囲まれた大地、北海道


北海道の自然の中で全力で
「遊び」「楽しむ」


その中で感性を磨き生まれた
2つの「顔」

ひとつは"angler"として
もうひとつは"creator"だった

Angler- 釣り人 × 岡崎貴憲 -

日本海、太平洋、オホーツク海と3つの海に面し、「トラウト王国」と称される国内屈指のフィッシングフィールドである北海道。
特に海アメ、海サクラ、カラフトマス、鮭は釣り人にとって最高のターゲット。
故に人によるプレッシャーが高く、同時に釣りものとして高い難易度を誇る。

その中で独自のメソッドを構築し、他の追随を許さぬ圧倒的な釣果を叩き出し続け、強烈な輝きを放つ。
厳冬期の海アメから始まり、年中道内のフィールドを駆け巡っている。
また、フレッシュ・ソルトに捉われずルアーフィッシング全般に精通している。

現在はサングラスメーカーOUTLANDのアンバサダーを務める傍ら、自身の考案したメソッドをYouTubeで公開し、道内アングラーの指針となっている。

Creator- クリエイター × 岡崎貴憲 -

生み出す作品は強烈に人の心を惹きつける。
理由はシンプルである。それは圧倒的な「独自性」。

最大の特徴は自身で釣り上げた魚をもちいたハンドメイドアクセサリ―。
ネックレス、ブレスレットをはじめ作品は多岐にわたる。
また、生花を使用したピアス・イヤリングは若年層の女性から高い支持を得る。

さらには、ジャグアタトゥーアーティストとしても数多くの作品を世に生み出す。
近年、消えるタトゥーとして巷で徐々に人気に火がついてるジャグアタトゥーだが、流行に敏感な若年層の男女がこぞって施術を受けにくる。

また、これまで雑誌やTVなど各メディアに取り上げられ、昨年オープンした白老町の国立アイヌ民族博物館ウポポイに作品を出品するなどその活躍は広がりを増すばかりである。

History~ Angler Side ~

Childhood ~ 幼少期 ~
幼少期より釣りに触れる
Late teens ~ 10代後半 ~
フレッシュウォーターのルアーフィッシングの魅力に取り憑かれどっぷり釣りの世界にのめり込む
Early 20s ~ 20代前半 ~
水だけを持って、道北管内を釣り歩く、バイクとテントで
Mid 20s ~ 20代中盤 ~
海のルアーフィッシングの魅力に取り憑かれ、のめり込む
30s ~ 30代から ~
本格的にソルトフィッシングに没頭し、多くの釣果を出し始める
Current ~ 現在 ~
フィッシングアイウェアブランドOUTLANDのアンバサダーとして活動し、自身のYouTubeで独自のメソッドを公開している

History~ Creator Side ~

2001
現在のchep seriesの先駆けとなる魚皮の雑貨を制作。その後、lazilとしての活動のヒントとなる
April 2016
勤めていた世界的にも有名な某アウトドアブランドを退職、クリエイターlazilとしての活動を開始
牛小屋のアイス、シェアショップとして営業しながら作品作り
【山屋】としてのバックグラウンドを活かし、2015〜16シーズンはガイディング業も行う
May 2016
chep series発表
September 2018
白老でフェス出店【tobiucamp.飛生芸術祭】
May 2019
フラワーアクセサリー講師としてTV出演(東李苑と共演)
2019
世界的スタイリスト【内澤研】との出会いがその後の物作りに大きな影響を与えた
September 2019-
全国誌【yogini】に掲載(不定期掲載)現在までに4度の掲載
April 2020
lazil牛小屋店open(牛小屋のアイス敷地内にて)
November 2020
lazil4プラ店open
February 2021
北海道・北東北の縄文遺跡群を世界遺産へ。JOMON IN HOKKAIDO PR映像【縄文は生きている】編  縄文アクセサリー&小道具を担当。
June 2021
アイヌ民族博物館【ウポポイ】ミュージアムショップにてchep seriesの販売開始(6/21〜)

- オフィシャルSNS -

Read more

岡﨑貴憲が手掛ける
オリジナルブランド

「lazil」

「lazil」からリリースされる
唯一無二の個性を持った
アクセサリーは身につける者を虜にする

- 店舗案内 -

Read more

- お問い合わせ -

Read more